身につけるジウジアーロの奇跡再び

ジョルジェット・ジウジアーロといえば、クルマ好きなら、誰もが知っているカーデザイナーだ。1955年、フィアットのデザイン部門に入社後、イタリアのカロッツエリアベルトーネのチーフスタイリストに就任。1981年には、ジウジアーロ・デザイン社を設立した。代表作は、フォルクスワーゲン 初代ゴルフ、パサート、シロッコ、マセラティ ボーラ、メラク、ランチア テーマ、デルタ、ロータス エスプリなど1980年代、スーパーカー世代には、懐かしいクルマばかりだ。

そのジウジアーロ・ファンに贈る懐かしい腕時計が復刻された。1983年にセイコーでジウジアーロが手がけた世界初のアナログクォーツクロノグラフがデザイン復刻されたのだ。当時、「四輪車、二輪車のドライバーの腕によく似合う腕時計」をコンセプトに開発。あのモデルが新しい5つのカラーバリエーションで甦った。

それまで腕時計といえば、ありふれたラウンド型がほとんだったが、ジウジアーロは左右非対称のデザインを採用。腕時計の既成概念を大きく変えた。今回発売されたのは、現代風なカラーリングを取り入れた5モデル。デザインは当時のまま、ドライビンググローブをしたまま操作できるよう大型化されたプッシュボタンや視認性のよい文字盤はそのまま、5つのカラーバリエーションが用意されている。

この復刻モデルの商品企画担当者である古城氏によると、今回の復刻にあたって、再びイタリアのジウジアーロ・デザインに赴き、本人からカラー提案を受けたとのこと。なんともうらやましい限り。同行して取材したかったくらい。私もスーパーカー世代で育ち、ジウジアーロというキーワードは夢の代名詞だった。当時は、買えなかった諸兄も大人買いできる年齢。愛車とともに新しいドライブ時のパートナーとして、このジウジアーロをおすすめしよう。