2016年バーゼル時計展ティソ重点表のお勧め

この新しい製品は1936年バージョンの復刻版で、最も早い設計版は20世紀30年代の腕時計革命に由来しています。第1次世界大戦が終わってからは、男性は実用主義を提唱し、懐中時計を捨てて腕につけた腕時計を使い始めた。製表師は、最初に懐表の表殻の両側にアーチを溶接し、裏から表を付け、手首につけられる腕時計を作ってみた。ティソのクラシックシリーズ1936回刻印腕時計は、このような作り方を採用している。この腕時計は、バンドを分解した後に、後ろのカバーを開けて機軸を楽しむことができます。表の背にも、文字や装飾が刻まれている。この腕時計の表面の直径は45 mmに達していますが、腕につけて身をつけている人はあまり見ていません。買うときは、直径の問題を考慮する必要はありません。機軸を磨くのは比較的に精密で、その価格を得ます。個人は、腕に身をつけた懐中表であることを理解している。