タイガー豪雅のグローバルブランド大使カイだったらLenny現れパリ

カイだったらLennyで前に、熱心に立式単オールサーフィンのにほかならないいくつかの初心者は高望み一夜有名になって、本当の達人は驢鳴犬吠――水上運動はにじゅう歳の若者の天下、大波の中で如履平地、少なくとも10年以上のハードトレーニング。そして、カイだったら突然登場する。22歳の彼はすでに世界立式単オールサーフィン試合6回優勝メダリスト、絶世の素質は傲立波とう。圧力に屈しますか?絶対に考えない!
カイだったらハワイ語お気に入りは「海」、海は彼の故郷。カイだったらLenny 1992年生まれ、マウイ島は、小便はJawsとHookipaの滔天大波の中で成長して:よんしよ歳からサーフィン生涯ろく歳の時に、初心ななしち歳ウインド、挑戦縦型単オールサーフィン、きゅう、く歳試み凧サーフィン。彼の先生はハワイで最も優れたサーフィン選手で、海の力をどう尊重し、利用するかを教えてくれました。
何が彼をこんなに変わってくれるの?勇敢ではなく、すべての挑戦に直面する決心。彼はかつて乗せてわずか1500ドルのサーフボード、ゴールデンゲートブリッジとアルカトラズ挑戦アメリカ州杯受賞ヨットレースチャンピオンOracle号――価値じゅうご、000、000ドルの競艇Oracle USA、のみを紙一重末!彼はまだ6回も世界選手権の優勝を獲得して、式のオールオールサーフィンという運動に全世界の承認を受けた。「私の信念は、毎日を最後の日として、生きていることを素晴らしい、最善を尽くす。」
パリ期間で、Lennyカイだったらやってシャンゼリゼ通り104号のタグHeuerタイガー豪雅の専売店を受けタグHeuerタイガー豪雅のチームを熱烈に歓迎します。彼は店の購入は一枚のタッグHeuerタイガー豪雅Aquaracer競潜シリーズ300メートル防水クロノメーター、ラバーバンドを強調した同項の運動気質。カイだったらLennyにスタッフがたくさん出た問題で、異なる表項の技術の特徴は特に興味深い。双方の交流はたいへん打ち解けている。